遺品整理で茶道具を見つけたら?茶道具の買取依頼方法と遺品整理の注意点を解説

家族が亡くなれば、様々な手続きに加え、遺品整理が必要になります。

整理とはいっても遺品の故人の遺産ですから適当には処分できませんし、骨董品ともなれば買取価格も気になる所です。

この記事では、遺品整理中に茶道具を見つけた場合の買取依頼方法を解説します。

また、併せて遺品整理の注意点も紹介します。悩みを解決できる内容となっていますので、参考にしてください。

遺品整理とは?

遺品整理とは故人の大切な持ち物を仕分けし、部屋をきれいに清掃、片付けることです。

しかし、故人の思い出が詰まった持ち物ですから、入念に仕分けしなければ後悔を残すことにもなりかねません。

特に貴重品や骨董品、不用品と区別しなければならず悩みは尽きません。

遺品整理に注意すべきこと

遺品整理は気持ちを整理しておかないと場当たり的な片付けとなり、場合によっては家族間でのトラブルになりかねません。

家族の協力の下で行わないと迷いが生じ、スムーズな遺品整理ができません。

ここでは、遺品整理前や遺品整理中に注意すべき内容を整理してみましょう。

遺品整理に関係する手続きを終わらせておく

遺品整理を始めるまでに時間や心に余裕を持つため、様々な手続きを確認・準備し、終わらせておきましょう。

遺品整理に関係する主な手続きは次のとおりです。

  • 固定資産税・住民税などの納付や請求先の住所変更
  • 固定電話や携帯電話の解約
  • 運転免許証の返納
  • 年金受給の停止手続き
  • 電気・ガス・水道などの停止手続き(遺品整理後) など

必要品・不必要品のリストを作成しておく

遺品整理前には一度、すべての遺品に目を通し、必要品・不必要品のリストを作成しておくことが大切です。

特に遺品が多いと情報を見逃しやすくなり、大切な個人情報が入ったパソコンや携帯電話、手帳、年賀状なども不用品として処分する可能性があります。

特にデジタル遺品は個人情報の漏えいを防ぐためにも、処分前にはデータの削除が必要です。

また、写真や年賀状なども大切ですからリスト化しておくことは重要です。

家族で事前に話し合う

遺品を整理する前には、家族で事前に話し合うことが大切です

家族によっては故人の形見分けとして、大切に保管しておきたい品物があります。

遺品整理は、必要品・不必要品に分けてリスト化し、リスト外の品物については、話し合いで決めるのが良いでしょう。

価値観は個人によって異なりますから、トラブルを避けるためにも、事前の話し合いは必要です。

正しい価値を知っておく

家族が不要な物と判断した茶道具などの遺品の中には、価値のある品物が含まれている可能性があります。

遺品の中には、茶道具や貴金属、ブランド品、通帳の他に、骨董品などの貴重な品物も残っていることもあるのです。

特に茶道具や美術品、骨董品は、知識がないと価値が分かりませんから、不明な場合は、必要品として処分しないことをおすすめします。

遺品整理業者が必要か判断しておく

遺品が多いと心理的に負担となり、遺品整理業者に丸投げしてしまいたい衝動にかられるかもしれません。

しかし、特別な資格を持た、遺品整理の実績が少ない遺品整理業者を選ぶと、貴重品や骨董品を勝手に売買してしまう可能性もあります。

遺品整理業者が必要か判断しておくことも大切ですが、業者選びも注意が必要です。

遺品の処分方法

遺品を整理すれば、処分方法を考えましょう。

遺品を個人で処分する人もいると思われますが、数多くの遺品を整理し処分するのは一苦労です。

ここでは、遺品の処分方法を3つ紹介しますので参考にしてください。

売却する

廃棄する「処分」ではなく、「売却」する方法です。

故人の大切な品物を処分する方法に比べ、売却する方法は使い道が残ります。

特に茶道具や骨董品、貴金属、趣味の道具などは、価値のある品物かもしれませんから、安易に廃棄するよりは得策です。

親しい人への形見分け

故人の愛用品を捨てるのが惜しいと思われる方は、親しい人への形見分けとして譲渡すれば故人も喜びます。

ただし、明らかに不用品と思われる遺品や望まない物を相手に強制的に渡すのは失礼です。

親しい人が故人を懐かしむ品物と判断した場合以外は、無理強いは禁物です。

施設に寄付する

家族が使えない遺品と判断しても、施設などに寄付すれば喜ばれます。

被災地や物資が不足している国、貧困の子供たちに寄付しているボランティア団体などに連絡を取り寄付すれば、活用範囲が広がります。

初めから遺品は使えないと判断せず、遺品の整理と社会貢献ができると考えれば寄付は遺品の貴重な活用方法です。

遺品整理中に茶道具を見つけたら?

茶道具とはいえ茶碗以外の道具も種類が豊富で、日頃見慣れない方には貴重な品物かどうか判断できません。

また保管方法によっても、価値が変わることがあるでしょう。

では、遺品整理中に茶道具を見つけたら、あなたはどのような対応を取りますか。

ここでは、遺品に茶道具を見つけた場合の対応を紹介します。

大切に保管しておく

古い茶道具は素材や製造方法が分からないため、正しく手入れし保管しないとカビやシミが発生し、今より更に状態が悪化します。

また、茶釜や茶碗、茶杓、茶筅によっても手入れや保管方法が異なるため、売却するまでは適切な手入れや保管方法で状態を悪化させないことが大切です。

鑑定を依頼する

茶道具の鑑定とは、専門知識のあるプロの鑑定者によって、茶道具の価値を見極めることを指します。

鑑定結果は茶道具の市場価値となり、販売する際の価格となるため信憑性が高くなるのです。

ここで注意したいのは、鑑定と査定の違いです。

査定とは、骨董品の買取業者が茶道具の価値を評価し、売り出せると判断した上での買取となるため業者によって査定価格が異なります。

査定を考える場合は複数の業者に査定を依頼し、比較することが大切です。

骨董品の買取に実績豊富な業者を調べておく

茶道具を売却したい場合は、事前に骨董品の買取に実績豊富な業者を調べておくことが大切です。

茶道具の取引実績が多い業者ほど、高い精度の査定となり買取価格が高くなる可能性があります。

少しでも高く売りたい場合は、プロの鑑定士が在籍し実績豊富な業者が安心です。

遺品買取を依頼できる主な業者

遺品整理は家族で行うのが一般的ですが、専門的な知識もないまま整理すると価値のある骨董品まで処分の対象になる可能性もあるのです。

最近では遺品整理を自分で行わず、遺品整理をサポートし、買取、処分する業者を利用するケースが増えています。

ここでは、遺品買取を依頼できる主な業者を5つ紹介します。

骨董品買取業者

骨董品買取業者とは、遺品の中で骨董品を専門に買取する業者です。

特に誠実で確かな知識を持つ骨董品鑑定士が在籍する業者の信頼性が高く、相場の価格を基準にした買取価格を提示する業者を選ぶことが大切です。

遺品整理業者

遺品整理業者の基本的な仕事は、遺品の仕分け、不用品の処分や買取、清掃です。

しかし、業者によって遺品の仕分けや買取、清掃と得意分野が異なる場合があります。

特に遺品買取に特化した業者でないと、遺品整理すべての料金から買取金額を差し引いた金額となるため、通常の買取価格よりも下がる傾向があります。

一式の見積りではなく、個別の料金を提示する業者がおすすめです。

リサイクルショップ

リサイクルショップの利点は、買取する品物の範囲が広いことです。

遺品には古い寝具や衣類、家具が断然多いため、まとめ買いを依頼できる、最短期日で買い取る、出張買取も可能というメリットがあります。

ただし、骨董品の知識がない、自分で仕分けが必要、査定金額が低いというデメリットもあります。

質屋

質屋は骨董品や貴金属、ブランド品を正確な市場価値で査定、買取します。

また、質預かりというシステムのため、期限内であれば買い戻すことも可能です。

ただし、遺品の中でも限定的な品物の取扱いになる可能性があります。

不用品買取業者

不用品買取業者は、処分に困った遺品をまとめて引取るサービスを行う業者です。

廃棄する物が大量にある、回収から処分まで行ってくれる、早く引き取って欲しい場合には便利です。

一方、悪徳業者や無許可営業業者が多い、料金が不明確、廃棄する量が少ない場合は割高というデメリットもあります。

遺品整理で見つけた茶道具の買取相談は日晃堂がおすすめ

遺品整理で見つけた茶道具の買取にお悩みの方は、一度、日晃堂へ相談してください。

骨董品は、専門知識を持つ専門業者に依頼すれば、効率的で正確な価格が分かり、納得して売却できます。

茶道具を効率的に高く売りたい、他の骨董品の相談にも乗って欲しいとお考えの方は、ぜひ、日晃堂へご連絡ください。

ご家族が納得していただけるサービスを経験豊富なスタッフが提供するため、納得感のある買取になります。

まとめ

遺品整理は、労力と時間がかかります。

特に大量に遺品がある場合、整理や処分に苦労するため、精神的、肉体的な負担も大きくなります。

遺品整理を始め、処分に困れば、遺品整理業者や遺品買取業者を精査し、相見積もりを取ることをおすすめします。

遺品整理業者やリサイクルショップで遺品の仕分け、不用品を処分し、遺品買取業者や質屋で茶道具のような骨董品や貴金属などの買取を依頼するという選択でも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。