骨董品の遺品整理に悩んだら。骨董品買取業者選び3つのポイントを解説!

遺品整理 骨董品

「遺品整理で、骨董品はどうしよう?」「こんなもので買取依頼をしても良いのかな?」

骨董品の価値は素人にはなかなか分かりませんし、整理の方法に悩みますよね。テレビ番組などで「こんなものにこんな値段がつくの?」と驚いたこともあるでしょう。

この記事では骨董品の遺品整理に迷っているあなたに、「買取業者を選ぶポイント」について説明します。

おすすめの買取業者も紹介していますので、最後まで読んでみてください。

骨董品の遺品整理は、専門の買取業者に相談するのがおすすめ

「骨董品を売りたい」と思ったときは、いったいどどのような方法があるのでしょうか。骨董品を売却する主な方法としては、以下の3つがあげられます。

骨董品を売却する方法

  1. リサイクルショップ
  2. フリーマーケットやネットオークション
  3. 骨董品買取専門店

リサイクルショップはまとめて買い取ってもらえるので手間がかかりませんが、骨董品の本当の価値がわかるかというと疑問がありますよね。フリーマーケットやネットオークションにも同じことが言えます。

骨董品の価値は非常にわかりづらいものです。故人が残した大切な骨董品が高価なものだったとしても、二束三文で買い取られてしまい損してしまう可能性もあります。

本来の価値に見合った価格で売りたい」という気持ちがあれば、骨董品専門の買取業者に相談するのが良いでしょう。

骨董品の買取業者選び3つのポイント

では、骨董品専門の買取業者はどのように選べば良いのでしょうか。ここでは、骨董品の価値がわかる「買取業者を選ぶポイント」を3つあげてみます。

買取業者選び3つのポイント

  1. 骨董品の専門知識があるベテラン鑑定士がいる
  2. 買取できる種類が骨董品に特化している
  3. 査定や出張などの料金がかからない

骨董品には、本物を真似してつくられた「贋作」も多く存在します。まずは、本物か贋作かを見極められる「信用できる買取業者」をみつける必要があるでしょう。

また、骨董品は保存状態などによっても価値が大きく変わります。それらを適切に査定できる買取業者を選べるよう、次の章から1つずつ詳しく見ていきましょう。

ポイント① 骨董品の専門知識があるベテラン鑑定士がいる

買取業者選びのポイントの1つ目は、「骨董品の専門知識があるベテラン鑑定士がいる」です。骨董品の価値がわかる専門家が在籍しているか確認しましょう。

実はこの「鑑定士」は、資格ではありません。また、学校などで専門の知識を学んでいるというわけでもありません。

そのため鑑定士の中でも、経験や実績が豊富な「ベテランの鑑定士」が在籍していることが重要になります。もしホームページ等でわからなければ、電話などで確認してみると良いでしょう。

ポイント② 買取できる種類が骨董品に特化している

買取業者選びのポイントの2つ目は、「買取できる種類が骨董品に特化している」です。リサイクルショップのように買取できる種類が多ければ、手間がかからないので楽にはなるでしょう。

しかし、骨董品は非常に専門性が高いものです。きちんと価値を判定してもらってから売却したいと考えるなら、骨董品に特化した買取業者にお願するのが良いでしょう。

骨董品には定価がないため、どのくらい需要があるかで価格が決まります。海外のオークションなど、流通の事情に詳しいかどうかなども価格に影響するのです。

これらの理由から、骨董品はできるだけ専門の買取業者にお願いするようにしましょう。

ポイント③ 査定や出張などの料金がかからない

買取業者選びのポイントの3つ目は、「査定や出張などの料金がかからない」です。

ポイント②で説明したとおり、骨董品には定価がありません。そのため、しっかりと相見積もりをとって比較することが基本になります。

相見積もりは3社程度とるのが一般的です。複数の業者に見積もりをとれば、採用する買取業者以外は断る必要がでてきます。

それを考えると査定や出張、キャンセル料などについて、費用がかからない買取業者を選ぶのが良いでしょう。

遺品整理は思っていた以上に費用がかかるものなので、なるべく余計な費用がかからない選択をしてください。

骨董品の遺品整理には「日晃堂」がおすすめ

ここまで、骨董品の買取業者を選ぶ3つのポイントについて説明してきました。この章では、その3つのポイントに該当する「日晃堂」という買取業者を紹介します。

日晃堂は先ほどの「買取業者を選ぶ3つのポイント」に該当している以外にも、以下のような特徴があります。

日晃堂の特徴

  • 全国買取に対応している
  • 1点からでも査定してくれる
  • 出張買取では、その場で現金支払いも対応できる

骨董品が1点だけであったり地方に住んでいたりすると、それだけで依頼するのが難しいと思ってしまうでしょう。しかし、日晃堂は全国どこでも、1点から対応してもらえます。

査定や出張、キャンセルなどの費用がかからないので、気軽に相談することができます。ホームページも見ていただき、わからないことは問い合わせしてみると良いでしょう。

遺品整理は「出張買取」が便利

骨董品の買取は、どのような方法でやり取りするのでしょうか。骨董品を買取してもらう方法は、主に以下の3つがあります。

骨董品を買取してもらう方法

  1. 店頭買取
  2. 出張買取
  3. 宅配買取

骨董品は割れ物が多く、慎重にしなければ価値が下がってしまう恐れもあります。複数の骨董品を店頭に持ち込む場合などは、移動に神経を使わなければいけません。

安全性を考えると、買取してもらう方法は「出張買取」がおすすめです。無料で出張査定をしてくれる買取業者を選ぶようにしましょう。

ちなみに、さきほどおすすめした日晃堂は、上の3つの方法すべてに対応しています。必要があれば、買取方法についても相談してみると良いでしょう。

骨董品の買取依頼時に用意するもの

実際に骨董品の買取依頼をするときは、「本人が確認できる書類」を提示する必要があります。これは「古物営業法」という、中古品やリサイクル品の売買に対する規制で決められていることです。

中古品やリサイクル品は、買取した後に「実は盗品だった」と発覚する場合があります。その際に持ち主がたどれるよう、「本人が確認できる書類」が必要だということです。

それ以外には、特に用意するものはありません。信用できる買取業者さえ見つけることができれば、あとはお任せしておけば大丈夫でしょう。

遺品整理の骨董品買取はここに注意

遺品整理で骨董品を売却する場合、注意しておきたいことがあります。それは「遺産分割」についてです。

骨董品は、査定してみないとその価値がわかりません。そのため、査定してみたら意外と高価なもので、親族間のトラブルになってしまうことも考えられます。

そのようなことがないように、売る前にしっかりと遺産分割協議をしておくと良いでしょう。

また、骨董品の買取価格によっては「譲渡所得」などの税金の対象になる可能性もあります。骨董品の数が多く高価なものもある場合には、注意しておくと良いでしょう。

まとめ:骨董品の買取で、遺品整理をすっきりしよう

今回は骨董品の遺産整理について、「買取業者選びのポイント」を説明しました。

遺品整理には、時間も手間もかかります。しかし、骨董品についてはそのひと手間を惜しまず専門の買取業者に相談することで、本当の価値がわかるのです。

骨董品を本当の価値で売却できれば、遺産整理もすっきりとした気持ちで進められるでしょう。

そのために、まずは骨董品専門の買取業者へ相談してみてください。日晃堂は、ホームページからでも電話でも相談可能なので、まずは相談してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。