香典返しで喜ばれる品物とは?おすすめの香典返しの品物を金額別に徹底紹介!

葬儀の際に香典をいただいた方には、香典返しを贈るのが礼儀です。

葬儀のお帰りに渡す即日の香典返しをする方も増えていますが、お渡しする品物は限られてしまいます。

特に故人と生前、親しい方には感謝の気持ちが伝わらないと悩む人もいるでしょう。

この記事では、香典返しで喜ばれる品物を金額別に紹介しています。

香典返しで悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

香典返しを選ぶポイントとは?

香典返しで贈る品物に適しているもの、喜ばれるものは何か、お迷いの方もいるでしょう。

香典返しの品物を選ぶ際、押さえておきたい、いくつかのポイントがあります。

ここでは、一般的に香典返しに失礼のないものを見ていきましょう。

「消えもの」を選ぶ

香典返しには後に不幸を残さないという意味合いから、消えてなくなるものを選びます。

例えば、お茶やコーヒー、海苔などの食べ物、飲み物が定番です。

また、不幸を洗い流すという意味合いで、石鹼や洗剤も選ばれています。

「白もの」を選ぶ

白ものは、故人が白装束であの世に旅立つという意味合いから、砂糖が定番ですが、白に共通するものとして、白いタオル、白いシーツなども選ばれています。

「光沢もの」を選ぶ

光沢ものは、古くから魔除けという意味合いを持っているため、光を反射するステンレスや銅などのコップなどの金物も定番です。

香典返しの金額の目安とは?

香典返しは、葬儀が終わった当日にお渡しする即日返しを選ぶ方が増えています。

その場でお渡しすることで、お礼の気持ちが伝わる、後日に送付する手間がなくなるという理由からです。

しかし、高額な香典をいただいた場合は、後日に個別対応する方法を選ぶのが賢明です。

では、香典返しの金額の目安はどの程度なのか、ご存じでしょうか。

ここでは、香典返しの相場について、解説します。

一般的な相場

香典返しの一般的な相場は、受け取った香典の「3分の1返し」または「2分の1返し」が一般的です。

ただし、親族などの高額な香典に際しては、扶助の気持ちの意味合いが強いため、金額にこだわらず、3分の1から4分の1程度のお返しを目安にしておけば良いでしょう。

地域によって相場は異なる

一般的な香典返しの相場は、3分の1から2分の1とお伝えしましたが、古来は、関東では2分1返し、関西では3分の1返しと地域によって相場は異なっていました。

しかし、現代の葬儀は、全国から訪れることも珍しくないため、香典返しの地域性は薄らぎ、基本的には2分の1返しの考え方が主流になっています。

高額な香典をいただいた場合の香典返し

高額な香典は、一般的に2万円以上といわれます。

特に親族からいただいた場合は、厚意に甘えて、お気持ち程度の香典返しで問題ありませんが、親族以外の方から高額な香典をいただいた場合はどうしたら良いのでしょうか。

故人の会社関係や個人的な香典返しは、次のように考えれば良いでしょう。

会社関係の香典返しは、香典が会社の規定に基づく場合は必要ありません。

ただし、個人的な香典が高額の場合、当日の香典返しに加え、後日、忌明けに、改めて品物を贈るようにすれば良いでしょう。

香典返しの金額別の人気商品とは?

香典返しは、日用消耗品が最適ですが、高額な香典に対してのお返しの品物選びは悩んでしまいます。

また、あまりに高額な香典返しを贈ったとしても、相手は受け取りづらさを感じることもあるでしょう。

ここでは、金額別の香典返しの品物を贈る方への気持ちを考えながら、人気商品とあわせて紹介します。

1万円までの日用消耗品

日用品は消費期限がないため、日常生活に役立つものであれば、喜んでいただけます。

特に日常使う消耗品とは違うワンランク上の品物を贈ることで、なお一層、喜ばれるでしょう。

1万円までの香典返しで人気のある主な日用消耗品は、次のとおりです。

  • 国産タオルセット
  • 洗剤、入浴剤、石鹸セット
  • 陶器セット
  • ステンレス製食器セット

1万円までの飲食料品

飲食料品も香典返しの定番ですが、できる限り日持ちのするものを選びましょう。

特に生ものの香典返しは賞味期限切れを考慮する必要があるため、少しでも日持ちのする食べ物や飲み物を贈るように注意してください。

1万円までの香典返しで人気のある飲食料品は、次のとおりです。

  • お茶
  • コーヒーセット
  • 紅茶セット
  • 海苔セット
  • 調味料セット

カタログギフトも人気が高い

香典返しの商品選びは、「消えもの」が選ばれることが多いですが、ご家庭によっては、日用品の買い置き、他の行事でのもらい物と同じ商品を贈れば、相手は持て余してしまいます。

特に賞味期限のある食材は避けたい、高額な香典返しの商品選びに困ると考えている人は、カタログギフトが喜ばれます。

その理由を3つ紹介します。

好きな物が選べる

香典返しの金額毎に商品選びは、時間がかかり、不必要な商品を選んでしまうかもしれません。

しかし、金額別のカタログギフトを香典返しに選ぶと、その悩みは解消します。

贈られた方もご自分の好みで自由に商品を選べるため、喜ばれます。

選ぶ時間に余裕がある

葬儀場での香典返しは、その場所で商品を選択しなければならないため、参列者は選ぶ時間がありません。

後日、違う商品を選べば良かった、選ぶ商品がなかったなどと思う方がいるかもしれません。

カタログギフトは品物を選ぶ時間に余裕があるため、贈られた方は納得のいく品物選びができ、喜ばれます。

香典返しに不向きな商品も選べる

カタログギフトは、受け取る側の人が、カタログの中から好きな商品を選べます。

また、香典返しとして、直接、お肉や魚を贈るのを避けるのが一般的ですが、カタログギフトなら、香典返しに不向きな品物も選んでいただけます。

直接、贈れない品物をカタログギフトから選べるため、必要とする品物を贈ったことと同じ意味合いになり、満足していただけるのです。

香典返しはカタログギフトが無難

香典返しで避ける品物を考える必要がなく、受け取った方が自由に品物を選べるカタログギフトを香典返しで贈る人が増えています。

贈る側も贈られる側も香典返しの品物に配慮する必要のないカタログギフトを選ぶのが無難です。

幅広い年齢層に喜ばれる

香典返しの品物を選ぶ際には、贈る人の年齢層に配慮しなければなりません。

相手の年齢層に合わない品物を贈れば、相手から喜ばれない可能性があります。

特に好みが合わない飲食料品を贈ると、貰った相手を困らせてしまいます。

品物を自由に選べ、幅広い年齢層に喜ばれるカタログギフトは、後悔しない香典返しになるのです。

参列者ごとに金額を選べる

香典の金額により、香典返しの金額が変わりますが、参列者ごとに香典の金額に合わせた香典返しの品物を選んでいては、時間がかかり、お返しのタイミングが遅れる可能性があります。

香典の金額に対して香典返しの金額を決めていれば、金額毎のカタログギフトを選んで贈れば、贈る側も贈られる側も納得感のある香典返しになります。

香典返しは『おこころざし.com』に頼もう

香典返しは、参列していただいた方のお礼の品として、感謝の気持ちを伝える習わしです。

しかし、品物選びには気を遣うこともあるでしょう。

香典返しに迷っている方は、香典返しにも利用できるカタログギフトを扱っている『おこころざし.com』に頼んでみてはいかがでしょうか。

価格別にカタログギフトを選べるのは勿論のこと、一般的な香典返しの品物も選ぶことができます。

好みを知っている方には商品を選び、好みが分からない方にはカタログギフトを贈るという選択ができるため、贈る側、贈られる側も納得感を得られるはずです。

また、香典返しの挨拶状やのし紙などの無料特典もあるので、香典返しに関わるすべてをお任せできます。

まとめ

葬儀には、様々なマナーがあるため、初めて葬儀を執り行う場合、慌ただしく時間が過ぎていきます。

香典返しにも、金額の目安、贈って良い、悪い商品など基本のマナーがあります。

失礼のない香典返しには、商品に固執せず、お手軽で喜ばれるカタログギフトも検討してください。

そして、香典返しを贈る際には、香典返しを専門にしている『おこころざし.com』に依頼すれば、手続きも簡単で、利用すれば様々な特典が受けられます。

マナー違反になる香典返しとならないよう、専門のスタッフが在籍している『おこころざし.com』に一度、相談してみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。